道路の概要

開通効果

災害時の緊急輸送路1

災害時に緊急輸送路としての役割が期待されます。

東日本大震災では、高速道路は緊急輸送路としての機能を発揮して、被災地へ向かう自衛隊などの緊急車両の通行や物資の輸送に利用されました。 くわしくはこちら

保土ヶ谷バイパスが通行止めになった場合に、よこかんみなみが迂回路・代替輸送路として機能します

【実例】新潟県中越地震では磐越道、上信越道が関越道の代替路になりました。 くわしくはこちら

利用規約 *  個人情報保護 *  情報セキュリティ *  サイトマップ *  リンク *  お問い合わせ